>

便利な浴室にしてみよう

暖房を付けるリフォームがおすすめ

特に寒い時期になると、ヒートショックを起こすので危険です。
ヒートショックとは、身体が急激な温度変化に耐えきれず意識を失ってしまう現象のことを言います。
発見が遅れると、命を落とすかもしれないので油断できません。
浴室や脱衣所に暖房設備があると、急激な温度変化を避けられます。
アウトレットのリフォームで、浴室に暖房設備を搭載することができます。

高齢者がヒートショックを起こすので、まだ年齢が若いから自分には必要無いと思っている人がいるでしょう。
ですがヒートショックに、年齢は関係ありません。
若い年齢でも起こして、命を失う人が見られます。
リフォームするなら、浴室の設備をしっかり整えると安心して生活を送れます。

万が一の事態に備えよう

浴室で倒れて、発見が遅れると命を失ってしまうケースが多いです。
万が一の事態に備えて、リフォームをする時に呼び出しボタンを取り付ける人が増えています。
ボタンを押すと音が鳴って、リビングにいる人に浴室で呼んでいることを伝えられます。
倒れる前にボタンを押せれば、すぐ誰かが気づいて発見してくれるでしょう。
最悪の事態になることを回避できます。

高齢者がいる家庭で、備えることが多いです。
事故が起こってからでは遅いので、前もって対策方法を考えてください。
またバリアフリー関連でいれば、お風呂に手すりを備えたり、浴室に段差を付けたりするのもおすすめです。
どうすれば快適に過ごせるのか考えて、デザインを決めてください。


この記事をシェアする